Entries

スポンサーサイト

-------- | category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nagomifresh.blog38.fc2.com/tb.php/65-4ec33583

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

平成20年の梅酒生産量が過去最高を更新!

2009-07-29 | category:梅(紀州南高梅)
今日の和歌山地方新聞の記事にありました。

梅酒の需要が年々高まってきているとのこと

日本洋酒酒造組合の統計によれば

平成2年に7,189キロリットルだったのが

平成8年 2万1,605キロリットル

平成9年 2万5,519キロリットル

平成20年 3万4,101キロリットル

というふうに約20年で5倍も伸びているんです!!
確かに僕も、この梅酒人気は肌で感じることがありました。

居酒屋のドリンクメニューには必ず”梅酒”がありますし
数人で行けば2人くらいは実際に梅酒を飲んでたり、
ちなみに僕も生ビールの後は100%梅酒です

記事によれば、若い女性を中心に
香りが良くて飲みやすく、健康増進の効果もある」と人気化したそうです。
素直に納得、まったくそのとおりな気がします

梅酒


実は、この梅酒ブームに乗って
みなべ町に対して紀州みなべ梅酒特区が平成20年7月9日(水)、内閣府から認定されました。

この紀州みなべ梅酒特区とは、、

本来、酒類製造免許に係る最低製造数量基準は年間6キロリットル(6,000リットル)でした。
「紀州みなべ梅酒特区」に認定されたことにより、みなべ町内で生産された梅を原料として
梅酒を町内で製造する場合には、この最低製造数量基準が年間1キロリットル(1,000リットル)に
引き下げられたことです。

これにより、少量生産を考えている小規模な事業者も酒類製造免許を
受けることが可能となりました。

現在は1事業者と1個人がリキュール製造免許を取得した、ということです。


-----------------------------------------------------------------------------------

「まめ情報」

特区とは別ですが、酒税法の改正により、旅館等を営む者が自家製の梅酒を
自らの営業場所で宿泊客に提供する場合は、届け出により1年間1キロリットル(1,000リットル)以内であれば免許や納税等が不要となる特例措置が平成20年4月30日から設けられました。

これも旅館やそのお客さんとってはいいことですよね

-----------------------------------------------------------------------------------


色んな取り組みを通してもっともっと広がっていってほしいです。


今日は和歌山観光情報ページに白浜特集を追加しました。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nagomifresh.blog38.fc2.com/tb.php/65-4ec33583

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

旬のオススメ商品(和味)

ミニトマト アイコ

白干し梅干し

胡蝶蘭

紀州備長炭

産直のバラ ギフト

お店の紹介(ここでスタッフしてます)

和味-和歌山の農家産直通販ショップ和歌山の農家産直通販ショップ 和味

和歌山県の新鮮な旬野菜や、もぎたて果実の農家直送販売ショップ。紀州南高梅・梅干・青梅・うすいえんどう・みかん・八朔・お米等、農家直売のお店ですので鮮度や品質は安心!その他和歌山の特産品も多数取り揃えております。
http://www.nagomi-shop.jp/

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

梅干の作り方

梅干の作り方

梅干の作り方
梅干の歴史は古く平安時代から、薬として、そして縁起物として重宝されていました。全国的に重要が膨らみ、紀州田辺藩が出荷していた梅干は江戸で「田辺印」として評判になり、より盛んに梅干作りが行われるようになりました。「梅の里、紀州和歌山」より梅農家が教える紀州南高梅の完熟梅を使った梅干の作り方(レシピ)をご紹介いたします。

和歌山のオススメお宿&ホテル

icon icon
熊野古道の宿 霧の郷たかはら(田辺市中辺路町高原) icon
世界遺産熊野古道の入口に位置し、山歩きにも観光にも便利な宿。地産地消をできるだけ推進した、オリジナル創作料理が楽しめる。天空でのひとときは、時の過ぎるのを忘れてしまいそう。

icon icon
とれとれヴィレッジ(西牟婁郡白浜町堅田) icon
1棟ずつ独立したまんまるいお部屋は何と「発砲スチロール」製!夕食は、市場直送の新鮮魚介やステーキなどのバイキング!西日本最大級の温浴施設「とれとれの湯」も。

クエ料理民宿 橋本荘(日高郡日高町産湯) icon
高野山温泉 福智院(伊都郡高野町高野山) icon
ベストウエスタンホテル和歌山(和歌山市本町) icon

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。