Entries

スポンサーサイト

-------- | category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nagomifresh.blog38.fc2.com/tb.php/40-edfc8dce

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トウモロコシ畑で。

2009-06-17 | category:日常的なこと
今年初のトウモロコシ、こんな感じです

トウモロコシ

うちでもちょびっとだけ作ってまして、

ちっちゃいけど甘さは◎


美味しいゆで方は、

トウモロコシを水から加熱して、沸騰後して3~5分程度。


とうもろこし


うちでは昔から、トウモロコシも事を

「なんば」

って呼んでたんです。…実は今も継続中ですけど。



この第一号が採れたときに

おばあちゃんが、「なんば」って

言ったのを聞いて、懐かしさを感じました。

僕は、いつからか「トウモロコシ」派だったもので。



地域限定の呼び名っていうのは、他県行くと

恥ずかしい思いをしてしまうことも多々経験済。



ですが、この「なんば」はそうでもないようですよ。

一応、関西では通じるらしいです。

試してみたことはないです、

っていうより呼ぶシチュエーションがなかったです。



聞いた感んじ、大阪の難波を想像してしまうあたり

大阪に住んでた性、みたいなもの。



それはそうと、

なんば、の由来は

南蛮黍(なんばんきび)の略称でした。



ちなみに、とうもろこしは

唐と、唐土(もろこし)らしいです。どっちも唐(とう)やん!って感じですけど。

中国のことですね。



調べるためにwiki見てたら267種の呼び方があるんやって!

聞いたことがあったのは、「とうきび」だけでした



ご当地ネーミング恐るべし。

こういうのは、めっちゃありそうですね。



ちょっとしたモロコシ豆知識です。

生産高1位はアメリカで

全世界の生産量の半分以上は飼料用になる。

でも、最近はバイオエタノールの原料になったりと

大忙し。(ブラジルとかで)



さらに昨年、一昨年は、重要拡大期待があり

先物取引でトウモロコシ価格が暴騰。

日本の酪農業は大打撃を受けました。



おととしかな、あるドキュメンタリー番組で

アメリカの農家が特集されてました。

今は価格も落ち着いてきてるとは思いますけど

当時はもう企業同士がトウモロコシの取り合いで

需要が一気に増えて

小麦農家も→モロコシ農家へ

モロコシ農家は、その買い取り価格を

リアルタイムでモニタリングしながら(パソコンで)

どこへ出荷するか思案する。



っとまぁ完全な売り手市場ですね。

今年はどうなんでしょう、あんまりニュースになってないようなので

前のような加熱感はなさそうですね。


主食にしている国も多いですから、

大切に使っていかないと。


余談ですけど、北海道お土産で

とうきびチョコ」ってありますね。

ベストセラーな雰囲気でてます。

次回、北海道行ったときは買ってみます!

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nagomifresh.blog38.fc2.com/tb.php/40-edfc8dce

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

旬のオススメ商品(和味)

ミニトマト アイコ

白干し梅干し

胡蝶蘭

紀州備長炭

産直のバラ ギフト

お店の紹介(ここでスタッフしてます)

和味-和歌山の農家産直通販ショップ和歌山の農家産直通販ショップ 和味

和歌山県の新鮮な旬野菜や、もぎたて果実の農家直送販売ショップ。紀州南高梅・梅干・青梅・うすいえんどう・みかん・八朔・お米等、農家直売のお店ですので鮮度や品質は安心!その他和歌山の特産品も多数取り揃えております。
http://www.nagomi-shop.jp/

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

梅干の作り方

梅干の作り方

梅干の作り方
梅干の歴史は古く平安時代から、薬として、そして縁起物として重宝されていました。全国的に重要が膨らみ、紀州田辺藩が出荷していた梅干は江戸で「田辺印」として評判になり、より盛んに梅干作りが行われるようになりました。「梅の里、紀州和歌山」より梅農家が教える紀州南高梅の完熟梅を使った梅干の作り方(レシピ)をご紹介いたします。

和歌山のオススメお宿&ホテル

icon icon
熊野古道の宿 霧の郷たかはら(田辺市中辺路町高原) icon
世界遺産熊野古道の入口に位置し、山歩きにも観光にも便利な宿。地産地消をできるだけ推進した、オリジナル創作料理が楽しめる。天空でのひとときは、時の過ぎるのを忘れてしまいそう。

icon icon
とれとれヴィレッジ(西牟婁郡白浜町堅田) icon
1棟ずつ独立したまんまるいお部屋は何と「発砲スチロール」製!夕食は、市場直送の新鮮魚介やステーキなどのバイキング!西日本最大級の温浴施設「とれとれの湯」も。

クエ料理民宿 橋本荘(日高郡日高町産湯) icon
高野山温泉 福智院(伊都郡高野町高野山) icon
ベストウエスタンホテル和歌山(和歌山市本町) icon

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。