Entries

スポンサーサイト

-------- | category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nagomifresh.blog38.fc2.com/tb.php/399-7c044bd0

トラックバック

コメント

[C59] 歴史学的に

弁慶が田辺市出身だなんて、歴史学や考古学的にはなんら信憑性もない俗説じゃなかったっけ。

いわゆる伝説とかの話じゃないかね。
  • 2011-10-24 17:39
  • とー
  • URL
  • 編集

[C61] とー さん

コメントありがとうございます。
おっしゃる通りです。いわゆる言伝えですね。言葉足らずでした。

ご指摘ありがとうございました。
  • 2011-11-04 00:33
  • nagomi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

たなべぇ 和歌山県田辺市のゆるキャラ

2011-10-16 | category:ゆるキャラ
先日、田辺市にある紀南文化会館で、
偶然にも田辺市のゆるキャラ「たなべぇ」に出会いました

たなべぇ
たなべぇ

和歌山県田辺市は武蔵坊弁慶生誕の地という言伝えがあることから、その弁慶がたなべぇのモチーフになっていますそして、たなべぇは田辺市の食の魅力をPRするために生まれたキャラクターなのです田辺商工会議所や田辺観光協会がつくる「うまい!田辺」推進協議会で田辺市の食をアピールしています

大阪芸術大学キャラクター造形学科の四回生、田中みなみさんが一回生の時に考案し、一般公募で名前が付けられました。

たなべぇは食いしん坊で、今はまってるのは「あがら丼(地元素材を使った丼)」と「たなべぇサンド(紀州梅干と紀州うめ鶏のサンド)」だそうです。

実は田辺市はお隣のみなべ町と並んで、梅の産地なんですねその梅を使った「たなべぇサンド」が話題になってます。ちなみにたなべぇサンドとは和歌山が誇る「紀州南高梅」と、梅成分で育った「紀州うめどり」の名物タッグから生まれたサンドイッチです。

地元田辺のカフェやパン屋さん、レストランがオリジナルサンドを開発。それぞれのお店で個性溢れるたなべぇサンドが食べられます

■たなべぇサンドが食べられるお店
・喫茶GORILA
・デンマーク
・ヤナギヤ学園店
・カフェ&レストラン NANCY
・ホテルハーヴェスト南紀田辺
・MARIBU シーサイド店
・レストラン ラ・ムー
・ラ・バンビーナ
・モンシェルトントン

たなべぇサンドの詳細はこちらから


もうひとつのたなべぇの好物「あがら丼」。あがら丼は、「お昼も田辺らしい食事をしたい!」という観光客の希望にこたえ、「紀州田辺のあがら丼」が誕生しました。あがら丼を提供しているお店は、「のぼり」が目印です。

あがら丼の詳細はこちらから
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nagomifresh.blog38.fc2.com/tb.php/399-7c044bd0

トラックバック

コメント

[C59] 歴史学的に

弁慶が田辺市出身だなんて、歴史学や考古学的にはなんら信憑性もない俗説じゃなかったっけ。

いわゆる伝説とかの話じゃないかね。
  • 2011-10-24 17:39
  • とー
  • URL
  • 編集

[C61] とー さん

コメントありがとうございます。
おっしゃる通りです。いわゆる言伝えですね。言葉足らずでした。

ご指摘ありがとうございました。
  • 2011-11-04 00:33
  • nagomi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

旬のオススメ商品(和味)

ミニトマト アイコ

白干し梅干し

胡蝶蘭

紀州備長炭

産直のバラ ギフト

お店の紹介(ここでスタッフしてます)

和味-和歌山の農家産直通販ショップ和歌山の農家産直通販ショップ 和味

和歌山県の新鮮な旬野菜や、もぎたて果実の農家直送販売ショップ。紀州南高梅・梅干・青梅・うすいえんどう・みかん・八朔・お米等、農家直売のお店ですので鮮度や品質は安心!その他和歌山の特産品も多数取り揃えております。
http://www.nagomi-shop.jp/

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

梅干の作り方

梅干の作り方

梅干の作り方
梅干の歴史は古く平安時代から、薬として、そして縁起物として重宝されていました。全国的に重要が膨らみ、紀州田辺藩が出荷していた梅干は江戸で「田辺印」として評判になり、より盛んに梅干作りが行われるようになりました。「梅の里、紀州和歌山」より梅農家が教える紀州南高梅の完熟梅を使った梅干の作り方(レシピ)をご紹介いたします。

和歌山のオススメお宿&ホテル

icon icon
熊野古道の宿 霧の郷たかはら(田辺市中辺路町高原) icon
世界遺産熊野古道の入口に位置し、山歩きにも観光にも便利な宿。地産地消をできるだけ推進した、オリジナル創作料理が楽しめる。天空でのひとときは、時の過ぎるのを忘れてしまいそう。

icon icon
とれとれヴィレッジ(西牟婁郡白浜町堅田) icon
1棟ずつ独立したまんまるいお部屋は何と「発砲スチロール」製!夕食は、市場直送の新鮮魚介やステーキなどのバイキング!西日本最大級の温浴施設「とれとれの湯」も。

クエ料理民宿 橋本荘(日高郡日高町産湯) icon
高野山温泉 福智院(伊都郡高野町高野山) icon
ベストウエスタンホテル和歌山(和歌山市本町) icon

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。